るびりんブログ

鼻に風の当たる場所でなければ、頭がぼんやりしてしまって考えることができない。

言葉と命

人類を説明する鍵はこの二つに尽きるというのが私の現時点での結論だ。くり返しになるが、まとめておきたい。



言葉は


農耕の開始も、水産資源の通年利用も実現した。言葉を持ち定住したことで、サルの一種であった人類は、さまざまな道具を利用して世界を大きく変えることが可能になり、脳のサイズから推測される最大150人の集団を超える集団を形成できるようになった。



言葉を得た人は


「愛」「正義」「道徳」などの概念を作りだし、これを社会全体に広めた。その結果、人は、世界の把握の仕方を規定されて生きる存在になり、自ら答えを出す変わりに、社会制度として現実に力を持つ、こういった概念に縛られる存在になった。



命は


言葉の持つこれらの力を利用している。



命は


愛でも正義でも道徳でもなく、続いてきたという実績、続いていくという可能性によってのみ意味を持つ。とにもかくにも、子孫を残したものが勝ちなのだ。



人類学(人間学)は人間の自己疎外を背景として、人間性を取り戻そうとして生まれた。どうやら、これらの事実を明るみに出すことが、この学問の成果であったようだ。



言葉による影響を余り受けておらず、活動に多くの制限がかかる狩猟採集社会では、人は動物に近い生き方を貫き、自己疎外とは無縁である。他方で、言葉による影響を強く受け、社会制度に反映された文明社会では、人は自己疎外に陥るしかない。



たとえば、生まれた子を精霊として天に返すことが許されるヤノマミは、私たちよりもずっと幸せに生きている。



闇の権力とか、陰謀論という言葉をご存じだろうか。



まともな常識を備えた大人にとって、これらの言葉は荒唐無稽な妄想であり、避けるべき世界である。しかし、奴隷解放の目的、中央銀行制度の意味、マスコミの資本関係などを知っていくと、学校やマスコミを通じて教えられる歴史や現代社会の姿は、実像とは程遠いことがわかってくる。それこそ、闇の権力が教育やマスコミを支配しているという証拠なのである。



命と言葉の本質を知ってしまえば、闇の権力が存在することを疑う理由は一切なくなる。命が言葉を使い作り上げたのが文明社会であり、文明社会には支配者が途切れたためしなどないのである。



命と言葉が手を結んだとき、姿を隠しながら社会を支配する権力が生まれてくることが当然であった。植物があれば草食動物が生まれ、草食動物がいれば肉食動物が生まれることとまったく同じである。あるいは、巨大なコロニーをつくるツムギアリの巣に、他のアリが寄生することとも同じである。



裁判所は、権力側の立場に立って判決を下し、住民の権利よりも経済開発が優先される。情報は独占され、隠ぺいされ、歪曲される。利権は汚職を生む。それが命の本質である。



人類もまた命であり、命は勢力を広げて子を残そうとするものであるという視点からマスコミ報道に触れていると、正義を振りかざしてみたり、母性や共感能力ばかり強調してみたりと、てんで話にならない情報ばかりであることがわかる。そうして、「素晴らしい私たち」という人間像をつくることで、闇の権力者たちは人々を支配でき、仕事にいそしま、消費に駆り立てて富を築くのである。



言葉によって作り上げられた支配者たちにとって都合のよい社会が人を疎外させていく。疎外を防ぐには、命と言葉の限界を知り、動物たちのように生きるしかないのだが、言葉を持ってしまった命が動物に戻ることは、不可能なのかもしれない。










いろいろな不都合は命がつくる

規則をつくっていくひとは
自分に都合のよい規則をつくろうとする


補助金を出して自分の会社がもうかるようにしたり、
区分けを増やして試験の回数を増やして収入を増やしたり


条件を付けて、特定の仕事に付ける人の数をうんと絞り込んだり。


自虐史観を植え付けられて気がつけば
リベラルなはずの外国人たちに中枢を握られていたり。


法を定める側の人間は
法の抜け道をつくってそれを利用していたり。


大衆には一妻一夫を押しつけておいて
何人も愛人をつくり、たくさんの子を残すのが
貴族や王であったり。


そんなことをしたがるのは全部、
子を残すためには手段を選ばなかったのが命であり、
その結果がいま生き残っているすべての命たちだからだ。


だれかが理屈をこねはじめたら
それはその命にとって都合がいい理屈だからだと思ったほうがいい。


だれかが社会問題をおおげさに言いはじめたら
それがその命にとって都合のよい制度や法律をつくるための
準備になっているからだと思ったほうがいい。


もちろん、私たちを活かし、快感を覚えさせ、感動させるのも命である。


それがなければ生きていけないのも事実。


だが、私たちが命であるということは
私たちはより有利な条件を探して付け込んでいく
性質を持つ存在であるということも事実なのだ。


文明社会は、言葉と生産活動によって作り上げられた牢獄である。
命の本来持つ性質が文明社会を牢獄にしたのだが、
命が文明を持つ限り、この状況は続くしかないのである。


(命はすべてを覆い尽くす)




虚実 人は命であり、命は火である

神は虚構であり、命が実態だ。


理想は虚構であり、命が実態だ。


友情は虚構であり、命が実態だ。


母性は虚構であり、命が実態だ。


誕生の仕組みは解明されていないが、
はるか昔に命が生まれ、
命が環境を変えた。
ただ、子孫をつなぐことのできる生き方をしたかどうかだけが実であり、
神や理想や友情や母性が命をつないだわけではない。


人間社会をよく見れば、
まさに命がこの社会を作り上げていることがわかる。


命が放射能の影響を否定する言葉をしゃべらせ、
命が戦争を金儲けの道具にし、
命が巨大なビルを建て、
命が見えをはり、
命が人を排除する。


私たちは命として存在しているのであり、
神に似せて作られたのでもなければ、
命の法則を変えることのできる存在でもない。


命が、言葉を持ち、命が科学技術を進歩させ、命が経済活動に邁進する。
それは、ちょうど火のようだ。


言葉を持つ以前の命は、くすぶり続けることしかできない火のようにちいさかった。
それぞれに勢力の拡大、子孫の繁栄に邁進しても、限界の大きさが、命の火を安全なサイズに保っていた。まかり間違っても、大火となって世界を焼きつくすことはなかった。


言葉を手に入れたことで、命は、大きな力を得た。命は暴れ、火災旋風を巻き起こし、すべてを焼き払おうとしている。


人は神を信じ、理性を信じ、理想を信じることで、火に油を注いでいる。