るびりんブログ

鼻に風の当たる場所でなければ、頭がぼんやりしてしまって考えることができない。

動物たち

円山動物園のホッキョクグマ、ララとリラ、そしてデナリ。
子グマたちに泳ぎを教える母グマの姿や、大人になっても遊び好きな雄グマの姿、娘をプール遊びに誘う母グマの姿などを教わりました。


多摩動物公園オランウータン ジプシー婆ちゃん。
60歳を超えても元気に塔に登ったりしていましたが、2017年に亡くなってしまいました。縛られたロープをほどくことに熱中したり、子どもの相手になったりする様子は、人間そっくりです。言葉はないのに、言葉を話しているように見えてきます。


東山動植物園のゴリラ、シャバーニ一家。
人工保育で育てられた娘アニーをかわいがるシャバーニの様子は、人間の父親と娘そっくりです。メスたちにちょっかいをかけてはふざけようとするシャバーニの様子は、人ももともとスーツを着てしかめっつらをしているよりも、こうしてふざけていたのだという少し前まで当たり前にあった世界を思い出させてくれます。


我が家の4匹の猫たち。
母猫と2匹の息子猫、そして最後に加わった若い1匹メス猫という構成です。母猫にとってはとっくに大人になっていても息子たちはやはり息子であるようで、ことあるごとに舐めてやります。息子たちが母猫を舐め返すことはほとんどありません。息子たちはメス猫を舐めてやります。そして、息子の一頭が多くの時間をメス猫と共に過ごしています。猫にもこうした雄雌の情愛のようなものが存在することを、多頭飼いによって知ることになりました。




動物たち、特に比較的知能の高いだろう動物たちの姿を見ていると、文明社会が奪ったものが見えてきます。


子どもも大人も遊びが好きで、身の回りのちょっとしたものをおもちゃにかえて遊んでいたはず。


ふざけあうことや、言葉を交わさない中でのおだやかに気持ちを通じ合わせる時間、親子で過ごす時。


そうした生物としての本来の姿を犠牲にする文明の進歩とは何でしょうか。


根本的な間違いがそこにはあるはずです。








雨が降ると

都会にも、山奥の谷川を流れる水のような
清い流れが短期間ながらも生まれる。


この一時的な流れの立てる水音は
確かに、
清水の立てる音と同じだ。


雨の日は
体もだるく
休息を促す。


そんなだるい体に
水の流れる音が届く。



都会に暮らしていても、
雨の日は、
自然に囲まれて暮していた頃の
動物に少しだけ
戻してくれる。


手で絞った洗濯物が乾いていく時間

私たちは、
騙されている。


エンジン音
街路灯
家電のモーター音
電気代
水道代
電話代



豊かさと見えるものは、
私たちの暮らしから
「なんともならないことを
なんとかしようとしない」
ことによる
安心感を奪った。


代わりに、
時間と金に追われ、
競争を強いられ、
不安をあおる情報をあびせられ、
多忙と偽の満足の裏で
生物として生きる時間を
一方的に奪われている。



物を運ぶトラックが走り、
情報を運ぶ電気が走る現代社会の
薄い皮をはいでみれば、


大量の廃棄物と
意味のない労働と
意味のない消費。


それによって生み出される富を
吸い上げる仕組みに気づかないように
仕立て上げられた教育やメディア。
(会社は独占され、国家は意味を持たない)。


それでも、
反抗できないように作られたシステムを
教育やメディアは、民主主義と呼ぶ。


手で絞った洗濯物から水が垂れ、
次第に水分が失われて
やがて、
パリパリに乾いたとき、
私は、こうして
おだやかにながれる時間を
随分長い間忘れていた自分に気づいた。


私たちにとって必要なのは、
このおだやかな時間を失わせたものを
私たちは文明と呼び、
進歩と思い込むように
しつけられていると
自覚することなのだ。



難病を治療することや
飢えをなくすことや
権利を守らせることとを目指した私たちは
おだやかに流れる時間を失った。


それが事実である。